古物市場に潜入してきました|古物商を持っている方は必見!

目安時間:約 5分

どうもkazuです。
いつもご覧いただきありがとうございます

今日はとある大阪の古物市場に潜入してきました。
中々面白くて得ることが多かったので一部を
こちらでシェアしたいと思います。

■古物商許可証は取得していますか?

ある程度オークションで稼いでいる方は
古物商許可証を持っていると思いますが
有効に利用されていますか?

有効に利用というのは
古物商許可証を取得するのに
現在では19000円の費用がかかります

せっかく19000円も払っているのに
ただ古物商のプレートを飾っているだけでは
勿体という意味です。

古物商許可証をもっていると
『古物市場』に参加できる資格が発生するのですが
ご存知でしたか?

全国に古物市場が1000箇所以上存在します。
古物市場というのは名前のとおり

「古物を扱っている市場」

着物
陶器
絵画
貴金属
家電
家具
オフィス家具
エアコン
厨房機器

レコード

などなど

古物市場によって取り扱う品目が
違うので自分が取り扱おうとしている
品目があるのかどうかは事前に調べてくださいね。

■古物市場の調べ方

古物市場を調べるのは簡単です
ネット検索で

古物市場+地位域名

などで検索してみてください。
http://klist.fkgyo.com/kantou

たくさん出てきますよね。
有料でリストを販売しているところもあるみたいなので
必要と思えば購入してみてください。

ただ自分も色々リサーチした結果
廃業している市場も意外と多いので
いきなり行かずに一度電話連絡してみることをおすすめいたします。

■やっぱり足で稼ぐ生の情報は有益。

今ではインターネットでどんな情報でも
瞬時に取得できるので副業でネットビジネスをやろうと
思っても昔のように困難ではないでしょう。

簡単に情報が取得できる=ライバルも多い

というのは承知の事実ですね。

そこでやっぱりライバルと差を付けるには
“自分の足(行動)で動いて生の情報を得る”

やっぱりこれは強いと今回の潜入でも実感しました。

業者同士が立ち話しているのを
聞いているだけでもすごく勉强になります。

何も買わなくても競りに参加するだけでも
市場の動向がわかりますよね。

具体的には

「どんなブランドが売れやすい」

「前回のこの商品はダメだった」

「人気のある商品でもココが○○だったら売れない」

とか同業者としては聞き捨てならない有益トークが
あちこちで繰り広げてられています。

「○○はどこの市場のほうが安いよ」
これだけでもすごいと思いませんか?

もしその○○が自分の得意分野の商品なら
その市場にいってごっそり仕入れてくればいいわけですからね。

副業でやっていたら市場に行くのも
困難かもしれませんが日曜でもやっている
市場もあるのでそちらを選べばいいと思います。

注意点としてはネットの情報を
100%鵜呑みにするのは危険です。

特に第三者が書いた記事などは
実際とは異なるかもしれませんし
個人の主観が入っているので中立な情報でない
可能性が高いです。

ネットの情報でも
その古物市場の独自サイトなら大丈夫でしょう。

その場合でも「最終更新日」がかなり古くて
掲載されている情報も古い可能性もあるので
先ほども言ったように一度電話すればいいと思います。

あとは市場によって入会金が必要だったり
年会費が必要な市場もありますので
かならず事前に調べてください。

市場では新規参入しにくい独特な雰囲気が
出ているところもあるかもしれませんが
以外とみんな「あなたに興味がないw」ので
恐れずに参入してみてください。

最初の頃は何も買わずに市場の雰囲気や
商品の相場を勉强するつもりで出入りしていれば
色んな勉强になると思いますので

ぜひ自分の足で実際に行ってみてほしいと思います
文字では伝えきれないほど収穫があると思います^^

ブログでは書けないことは
メルマガでは書いてるので興味があったら
下記よりご登録してみてください。

解除はいつでもできますので
ご安心ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。
記事がお役に立てたならポチっとお願いしますm(__)m
↓↓↓


アフィリエイト ブログランキングへ

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: